疾患説明

肩の痛み

肩の痛みにもさまざまな症状が隠されています。

五十肩

40代以降によく発症しやすく、肩の運動障害や、肩の前方部の圧痛、夜間の痛みを伴う。病態はさまざまで、ひとくくりに五十肩と言われる事が多いです。

肩の痛みチェック

  • 肩が重く、だるい
  • 高い所の物を取ろうとすると、肩が痛い
  • 痛い方の肩を下にして横向きになれない
  • 腕から手にかけてジリジリ痛む
  • 肩をすくめるように持ち上げる
  • 手が背中に届かなくなってきた
  • 夜間に痛みが強くなる
  • 気がついたら痛い方の腕を支えている。

このような症状に心当たりのある方は注意が必要です。

頸肩腕症候群(肩こり)

長時間のパソコン、手や腕を酷使するお仕事の方に多く、比較的軽度のものから、重度のもまでさまざまで、変形性頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群など整形外科疾患にあてはまらない、検査などで症状が確定できないものを頸肩腕症候群といわれます。
症状には個人差があり、自覚症状として、以下のものがあげられます。

  • 肩こりがひどい、首、背中の筋肉が張っている
  • 手、指がしびれる
  • 腕の筋肉が重だるい
  • 腕や手の冷え感
  • 頭痛、めまい
  • 感覚障害、運動障害

頸肩腕症候群は、はり治療の効果があることが認められており、重症例では回復には時間がかかります。根気よく治療されることが必要とされます。

腰痛症

腰部に痛みがあり、内臓疾患でもなく、病院でレントゲンをとっても異常がないもの。中腰で勢いよくものを持ち上げたときなどに起こる、一般的に「ぎっくり腰」と言われる急性腰痛症と、日常生活の不良姿勢による、腰の筋肉の疲労による慢性腰痛症があげられます。

急性期の腰痛(ぎっくり腰)
症状が強いうちは主に安静が一番。腰にかかる負担を少なくするため、テーピングやコルセットを使うこともあります。 痛みが落ち着いてきたら、弱くなった背中、お腹周りの筋肉を鍛えていき、再発防止に努めていきます。
慢性腰痛
慢性的な痛みに関しては、ハリ治療が効果あり、血行改善、筋緊張、痛みの緩和が期待できます。 その他にも、体幹・股関節・下肢筋のストレッチや腹筋・背筋の筋力強化により痛みの改善を図ります。

スポーツ障害

野球肩 野球肘

ピッチャーに多く、投げすぎ、投球ホームの不良、体の柔軟性の低下などにより、肩・肘に過度のストレスがかかり発症します。
特に小・中学生は、未熟なホームでボールを投げたり、成長期に差しかかる時期ですので、骨の成長に筋肉がついていけずに筋肉の柔軟性が低下します。また、骨端線が閉鎖していない選手がほとんどですので、症状が悪化すると骨端線損傷や肘の靭帯を痛めてしまいます。

痛みを我慢して投げ続けていると、将来、ボールを投げられない肘・肩になってしまうこともあります。

痛みが続くようであれば、場合によっては勇気をもってボールを投げるのを休んで治療することも大事だと考えます。
投球ホームは全身運動です。肩・肘の治療だけでは、また再発してしまうことも考えられます。
さまざまな障害因子を改善して、ボールを投げていくことが、ケガなく野球を続けるコツになります。

  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • 疾患説明
  • 桑園整形外科
  • ブログ

営業時間

月火木金
8:00~13:00
15:00~21:00
水土日
8:00~16:00 (昼休みなし)

※年末年始、一部休診あり

ページトップ